【八王子市】みなみ野で誰もが足を止めるおったまげの自販機発見!これは見に行く?買いに行く?

ワニ自販機

JR横浜線の八王子みなみ野駅からほど近い、瀟洒な住宅が建ち並ぶ美しい歩道沿いに、それは突如現れました。

「冷凍 肉 自販機」と書いてあります。前を通る人はほぼ全員この自販機に目を走らせていきます。

ワニ自販機

前に回ると冷凍された肉が販売されているようです。

最近八王子市内でも、ラーメンや餃子、シフォンケーキ、煮カツサンドなどさまざまな名物が24時間自動販売機で手に入るようになりましたが、お肉に特化した販売機は初めて見ました。

ワニ自販機

設置してある場所は、以前安さが魅力のミニスーパー「ビッグ・エー八王子みなみ野店」があった場所です。

現在は株式会社パスポートという、生鮮食品店や酒店そして業務スーパーを数多くFC経営し、また、食全般の製造加工から小売・飲食・通販への製販一体事業をこなす、大きな会社の生肉部門「八王子みなみ野ミートセンター」があります。

ワニ自販機

自動販売機の一番上の段には、切るだけで上等なお酒のおつまみになる「パテ・ド・カンパーニュ」200グラム800円と、「牛タン入りつくね串」4本(計200グラム)500円が販売されています。

パテ・ド・カンパーニュは、説明文にマデラ酒を使った香り高い鳥レバーのパテと書かれていて、なんだかすごく美味しそう!

ワニ自販機

下の段には合鴨の焼き肉パック1袋100グラム400円と、230グラム600円の合鴨鍋セットがあります。

残念ながらこちらは売り切れでした。

ワニ肉

そしてこの自動販売機の一番の注目!

それは中段にある「オーストラリア産クロコダイルレッグ(前足)」

250グラム前後の前足が1本で1000円。もはや高いのか安いのかわかりません。

いきなりのワニの前足販売に驚いて、この自動販売機を設置した株式会社パスポート八王子みなみ野ミートセンターセンター長さんにお話を伺いました。

自販機の中身はこんな感じの包装をされたワニの前足が入っています。肉の部分と爪の付いた指の部分が半々くらいの量です。

このワニ肉は、BBQやパーティーに使う人が多いそうです。

味としては、チキンのような?チキンですと言われて食べてみたらちょっと歯ごたえのあるチキンかな、って騙されるレベルだそうです。 
何より見た目にインパクトがあるので話題性があり、これ1本だけでも場を盛り上げる力がハンパないとか。納得します。

ワニ肉

ワニの前足 個体によって大きさに差があります

ワニは前足は指が5本ですが、後ろ足って指が4本しかないそうです!
本当かよ、って思ったかたは実際に見て確かめて、それでお友達と盛り上がってください。とのこと。

それにしてもこの見た目の衝撃は半端ありません。買う人はいるのかそっと聞いてみると、8月に自動販売機を設置したばかりなのに想定外の売り上げがあるそうで、会社としても驚いてるそうです。

輸入品につき、品切れになる可能性もあるので希望の方はお早めの購入をお勧めします。

ワニ自販機

昔、アメリカのレストランでワニ肉を食べたことがあるのですが、その時は「さっぱりしたお肉だな」としか思いませんでした。臭いとか硬いといった印象はありませんでした。

夜中に一人フライパンでこのワニの前足を焼いている姿を想像するととてもシュールですが、みんなで集まる時にはいいかもしれませんね。

なお、自販機内の肉の種類は季節などに合わせて変えていくそうです。お値段も手頃ですし、お近くの方はちょくちょく覗いてみてください。

ismdkさん、その他多数の方から情報をいただきました。ありがとうございます!

肉の自動販売機はここ↓

2022/08/13 07:22 2022/08/13 16:33
Feet and head

号外NETゲームポータルです

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ八王子市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集