【八王子市】炒飯もラーメンも青椒肉絲も思った通りの美味しさ!思った以上の安さ!一平は八王子市民のチャイナ食堂です

一平

八王子駅から徒歩3分ほどの場所にある「一平」。

3年ほど前に改装して、ラーメン一平から「一平」に名前が変わった老舗の中華料理店です。

店員さんにいつからここにあったのか聞いてみたところ、「自分が来た20年前にはもう古い店だったから、40年以上やってるんじゃないかな?」とのこと。

思い起こせば、メニューが貼ってあるこのカーブのついた壁は、昭和時代から八王子の街を照らす存在でした。一平

ほんのいっとき、道を挟んだ目の前に「中華食堂一番館」という、一平よりももっと派手な感じの低価格中華店ができました。一平を愛する八王子民たちの間でハラハラする空気が流れていましたが、1〜2年で閉店し今は「焼き肉ライク」になっています。

一平

一平は八王子の老若男女が愛する、老舗大衆食堂。これが街中華の味というような間違いのない料理を出してくれます。メニューは豊富で100種類以上あるとか。

改装前にはたくさんのおばちゃんが給仕をしてくれていましたが、今日は若いお兄さんとお姉さんががお店に立っています。

一平

近代化された一平の注文はタッチパネル式になっていました。中華料理店といえば大声の店員さんとお客さんとのやり取りが、えも言われぬ雰囲気を出しているお店も多いのですが、現在の一平はとても静かです。

私が行ったときにはお客さん同士の話し声も聞こえず、音楽の流れていない音楽喫茶のように皆さん黙食していました。

一平

看板メニューのラーメンは税込450円。

一平のメニューも少しずつ値段は上がっているのですが、それでもラーメンは税込450円。厚めのチャーシューやメンマもちゃんと乗っているのに嬉しい価格です。

一平

スープとご飯と漬物がメイン料理に付いた定食は税込で700円台で各種揃っています。コンビニでお弁当を買うのと変わらないような価格ですね。

一平

夏の定番冷やし中華は具材が豪華です。まだこの夏に食べてない方はお急ぎください。

一平

アルコール一杯と前菜とメイン料理のセットは税込1,100円。一平はお酒を飲んだ後の締めにラーメンを食べに来たり、中華料理を肴に飲みに来る方も多いお店です。昼飲みにちょこっと寄る方も歓迎してくれます。

そして飲み放題食べ放題は、月~木限定で、お料理100種以上全品食べ放題+ドリンク全50種2時間飲み放題が税込3,000円です。4人以上で予約してください。WEB上のグルメサイトには割引クーポンがあり、さらに安くなるようです。

一平

そして、前置きが長くなりましたが、今日注文したのは「ワンタンスープ」大盛り税込705円です。

近頃ラーメン屋さんで、麺の入っていないワンタンゾッキの一杯はメニューにないところが多く、ワンタン好きには寂しいところでした。(ゾッキは繊維関連用語からきた、八王子などの方言と言われる言葉です。混じり気のないもの。それだけで作ってあるものなどに使います。こちらに詳しい解説が載っています)

一平

一つ一つのワンタンがぷっくりととても大きく、皮は厚めです。スープは醤油味。大盛りにしなくてもワンタンスープだけでお腹が膨れます。

一平

もう一品注文したのが黒酢酢豚定食、税込850円。

シンプルな卵スープと、もやしのナムルのような漬物とご飯が付いてきました。11時から16時はご飯が無料で大盛りにできます。

一平

黒酢酢豚は、熱々で歯切れの良いお肉がゴロゴロ。玉ねぎにんじんピーマンに加え、くわいが入っているのが本格的です。まろやかな黒酢は暑い日にもぴったり。ご飯にもよく合いましたがお酒にも合いそうです。

一平

美味しくて安くてすぐに出てくる一平の中華料理は、高級中国料理店にはない懐かしい美味しさがありました。

2022年9月現在の営業時間は11時から24時。遅くまで営業している食べ物屋さんが少なくなった今、貴重な存在です。持ち帰りやウーバーイーツの宅配もできるので、昔懐かしい中華料理が食べたくなったときにもおすすめです。

一平はここ↓

2022/09/04 07:22 2022/09/04 07:22
Feet and head

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ八王子市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集