【八王子市】高尾から富士五湖エリア、河口湖まで一直線!富士山を眺めながら鉄道好きもビール好きも大満足

八王子駅や高尾駅から意外と近い河口湖。

高尾始発直通河口湖行き(下り)は、乗り換えなしで行ける電車が高尾~河口湖間を毎日運行しています。
運賃は1775円(ICカード利用)。所要時間は高尾駅朝7時26分発で9時13分に河口湖駅に到着します。(乗り換えのある電車では1時間半ほどで着く電車も多数あります)

富士山

高尾から富士五湖エリア、河口湖まで一直線!

今年4月に富士急行株式会社から分社化した富士山麓電気鉄道株式会社では、富士急行線河口湖<富士河口湖温泉郷>駅にて、2022年7月16日(土)~18日(月・祝)の3日間、「富士山麓電鉄ビール&トレインフェスティバルin河口湖駅」を開催するそうです。
河口湖

画像はプレスリリースより

このイベントは、沿線地域が持つ様々な魅力を、富士山麓電気鉄道株式会社の持つ駅・鉄道という“人が集う場”で発信することで、新型コロナウイルスの感染拡大によって大きなダメージを受けた富士五湖地域に再び観光客を呼び込み、賑わいを取り戻し、地域の活性化につなげたいという思いから実施するもので、今回はその第一弾として、富士五湖観光の起点・河口湖<富士河口湖温泉郷>駅にて開催するそうです。

イベントの目玉は、駅前広場に展示されている鉄道営業開始当時の車両「モ1」への、地元下吉田の人気醸造所「BRIGHT BLUE BREWING(ブライトブルーブルーイング)」の出店と、このイベントのために特別醸造された富士山麓電鉄オリジナルビール「モ1エール」の限定販売です。

「BRIGHT BLUE BREWING」は、富士山の伏流水を仕込み水に、富士吉田で育てたホップ、地域の方が作った農作物を使った季節感あふれるビールを手掛ける醸造所で、「モ1エール」をはじめ4種類の個性あふれるクラフトビールを提供します。また、会場では、地元人気店が作ったソーセージやチーズなど、ビールにぴったりのフードも楽しめます。さらに、7月17日には、ビールを飲みながらの電車旅と「BRIGHT BLUE BREWING」の醸造所見学を組み合わせたビール好き必見のツアーも開催するようです。
この他にも、広場では富士河口湖温泉の源泉を使用した足湯や、温泉むすめ「河口湖多佳美」の新グッズ販売、鉄道やバスの車両撮影会、鉄道利用者へ富士山の森の間伐材を活用したオリジナルコースターのプレゼントなど、盛りだくさんの内容です。
海外からの観光客のまだ少ない現在は、昔のような混雑はないようなので、地域の魅力を堪能できる「富士山麓電鉄 ビール&トレインフェスティバル」に行ってみるのもいいですね。

【イベント概要】
■開催日
2022年7月16日(土)~18日(月・祝) 3日間
■開催時間
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
■会 場
河口湖駅前広場および富士急行線
■内 容
①モ1車両内に「BRIGHT BLUE BREWING」出店&イベント限定「モ1エール」販売。
 下吉田駅の近くにあり、多くのファンをもつ醸造所「BRIGHT BLUE BREWING」がモ1に出店。このイベントのために特別醸造された富士山麓電鉄オリジナルビール「モ1エール」をはじめ、4種類の個性あふれるタップビールが楽しめます。さらに、オリジナルラベルの750mlボトルに詰めた「モ1エール」も500本限定で販売するそうです。

<「モ1エール」について>
 富士山麓電気鉄道開業時の車両モ1形を連想させる“さび朱色”に輝くアンバーエール。富士山の伏流水を仕込み水に、地元富士吉田で採れたホップ「カイコガネ」を使用した、ゆっくりと楽しめるエールタイプのビールです。現在、イベントに向け醸造中だそうです。

河口湖

画像はプレスリリースより

<「BRIGHT BLUE BREWING」>
 下吉田駅の近くに2021年1月にオープンしたマイクロブルワリー。旧製氷工場の氷室をリノベーションした醸造所内では、工場長であり女性醸造家の菊地望氏が中心となって、富士山の伏流水を仕込み水に富士吉田で育てたホップと、地域の方が大事に作った農作物を使い、季節感あふれるここでしかできないビールを作り続けています。

ビールに合う地元人気店の味をキッチンカーで提供
 本場ドイツの製法で作るソーセージや、富士山麓産の生乳で作られるチーズなど、地元で愛される名店のビールに合うフードをはじめ、真っ黒な溶岩から揚げや、県産フルーツをトッピングした濃厚なアイスなど、様々なグルメが楽しめます。

「駅の足湯」で富士河口湖温泉を堪能
 イベント期間中は広場に設置された「駅の足湯」にて、河口湖駅の副駅名としても設定されている<富士河口湖温泉郷>源泉から汲み上げてきた富士河口湖温泉を楽しめます。

温泉むすめ・河口湖多佳美の新グッズ販売
 富士河口湖温泉郷の温泉むすめ・河口湖多佳美の新たな書き下ろしイラストを使用したフォトスポットが広場に登場するほか、新グッズを販売します。

河口湖

画像はプレスリリースより

鉄道車両撮影会 

7月16日(土)、18日(月・祝)

の2日間、高崎駅と河口湖駅を往復するJR東日本の特急車両「リゾート富士山」を側線にて撮影することができます。詳細は富士急行線HPをご覧ください。(有料・予約制)

JR東日本 八王子支社 大月営業統括センターによるイベントブース出展
 きっぷの購入体験や、JRの山梨キャラクター「モモずきん」との写真撮影会、旅行に便利なえきねっと相談会、ホーム非常停止ボタンなどの押しボタン体験など、お子さまも楽しめる鉄道体験会を開催します。

バス車両展示写真撮影会
 子どもたちに人気の高速バス車両「トーマスランドエクスプレス」の運転席に座って、制帽をかぶり写真を撮ることが出来ます。

オリジナルコースターの配布
 イベント期間中、電車で河口湖駅まで来られた方の中で希望する方に改札窓口にて、富士山の森の間伐材で作った富士山麓電鉄オリジナルコースターをプレゼントしてくれます。コースターを「モ1」に持っていくと、「モ1エール」が100円引きになります。

富士登山電車で行く醸造所見学ツアー
 工業デザイナー水戸岡鋭治氏がデザインしたレトロモダンな特別観光列車「富士登山電車」に乗って、「BRIGHT BLUE BREWING」が手掛けたクラフトビールを片手に富士山を眺める電車旅と、「BRIGHT BLUE BREWING」の醸造所見学を組み合わせたツアーを7月17日(日)に実施します。

工場長であり醸造家の菊地望氏がツアーに同行する、ビールファン必見のイベントです。(有料・予約制)

河口湖

画像はプレスリリースより

この季節、八王子市内から河口湖まで電車で行くと、車窓から緑あふれる景色や雄大な富士山を堪能できそうですね。
車で行くのも楽しいですが、ビールなども気軽に飲める旅、日帰り旅行でも十分楽しめる電車の旅はおすすめです。

河口湖駅はここ↓

プレスリリース

2022/06/22 07:22 2022/06/22 12:34
Feet and head

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ八王子市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集