【八王子市】ぶらりと街を歩いていたら、本物の天然酵母工場の職人さんが作るパン屋さんに出会ってしまいました

八王子市中野上町をお散歩していたら「あこ天然培養酵母のパン」という看板に出会いました。

パン屋さんがこんなところにあるなんて知らなかったので、細い路地を通って探してみました。

パン屋

少し歩くと、大きな建物の横にあこ天然培養酵母のパンという看板。工場に併設されているパン屋さんなのでしょうか?

入り口には完全予約製造販売の案内が!

予約した方だけが、火曜日と金曜日の2日間だけにパンを買えるシステムのようです。

パン屋

※商品リストご希望の方は右のチャイムを鳴らしてください。との記載があったのでベルを鳴らしてみました。

すぐに優しそうな女性が出てこられて、あこ天然培養酵母のパンの説明をしてくれました。

パン屋

画像提供:あこ天然酵母のパン

ここは普通のパン屋さんではなく、あこ天然培養酵母を主に生産している場所だそうで、その一貫としてパンを製造し希望者に販売しているそう。

あこ天然培養酵母とは、ホシノ酵母の創始者、星野昌師匠に25年間師事し、さらに日本古来の醸造技術から学び、天然酵母づくり50年余りの経験を生かして ”酵母職人・近藤泰弘”が丹精込めて育て上げた天然酵母だそうです。

安定した発酵力と、雑味のないすっきりとした味わいで従来の天然酵母のイメージ(固い、すっぱい、クセがある)とは違ったふっくらとしたやわらかい、毎日食べても飽きのこないパンを作ることができるそう。

小麦の風味を損なうことなく、麹菌の酵素により、大豆や小麦のたんぱく質を分解して醸し出されるアミノ酸・コハク酸等の旨味成分を形成します。 100%穀物と水だけで培養し、添加物等は一切使用していません。

画像提供:あこ天然酵母のパン

こちらがその天然酵母を使いやすくした新発売の「あこ天然酵母即日活性種」

予備発酵が、24時間から60分になったので、パンを家庭で作る方にも使いやすい酵母だそうです。世界初といえる技術から生まれた画期的な製パン用天然培養酵母です。

パン屋

画像提供:あこ天然酵母のパン

生地をこねる、生地を伸ばす、生地を丸める。一つ一つの工程を熟練の職人さんが心を込めて行っています。
こちらの山型食パンは、パンを自分で手作りするようなこだわりの方々にも愛されている、まさに本物の食パンです。パン本来の持つ香りを失わなわず、美味しくいつまでも柔らかなパンに仕上がっています。

パン屋あこ天然酵母のパンは焼きたてよりも時が経つほど美味しさが増すそう。

この日は予約していなかったのでパンを購入することはできませんでしたが、電話やFAX、ネットで注文できる方法を教えてもらえました。

この用紙を見て、どなたでも注文できるそうです。

あこ天然酵母のパンは、イーストで作るパンに比べると焼き上げたパンの「おいしい期間」が長く、繊細な甘みや旨みを感じられます。酵母作りを50年近くしてきた熟練酵母職人が添加物を使用せず、小麦、低農薬米、水、麹のみで作った天然酵母を使ったプロの焼くパンは、雑味や嫌なくせが無く、ふんわりと焼き上がり、上質の本物感を得られます。

パン屋

写真提供:ベーカリーあこ庵

パン屋さんだと思って訪ねた「あこ天然培養酵母のパン」は日本中のパン屋さんにも酵母を卸している、天然酵母の研究所のような場所でした。

後日あこ天然培養酵母パンを食べてみましたが、今まで食べた酵母パンとは食感も風味も違う素晴らしい味わいのパンに大満足しました。

あこ天然培養酵母のパンはここ↓

2021/11/13 07:22 2021/11/14 11:32
Feet and head
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 在宅勤務 WEBコンテンツの校正・校閲スタッフ募集中

号外net 全国で地域ライター募集